SixTONES松村北斗:“ヒーロー”勢ぞろいで「特撮映画みたい」 ドラマ「レッドアイズ」 主演・亀梨和也ら、メインキャストと撮入

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」に出演する「SixTONES」の松村北斗さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」に出演する「SixTONES」の松村北斗さん=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演で、2021年1月23日スタートの連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、天才ハッカーの小牧要を演じる「SixTONES」の松村北斗さんがこのほど、クランクインした。

 ドラマは、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBCの活躍を描くサイバークライムサスペンス。特別捜査官・伏見響介(亀梨さん)が、全員元犯罪者というKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 クランクイン当日は、松村さんをはじめ、亀梨さん、松下奈緒さん、趣里さん、木村祐一さん、シシド・カフカさんらメインキャストが全員集合。松村さんは「KSBCのシーンは、ヒーロー勢ぞろいで特撮映画みたいでしたね」と感想を語り、「同世代の人たちには『登場するキャラクターのプロフィルが興味深くて、くすぐるところがあるよ』ってオススメします」とアピールした。

 また、自身が演じる小牧要については「天才で少し触ればどんな機材でも分かってしまう、努力をしないタイプなので、何にでも壁のないキャラクターだと思っています」とコメント。「だから他人に対しても悪気も下心もなく思ったまま、ときには嫌みなこともしゃべっちゃう。『ハッカー』だからといって、強烈な言葉とか表情とかキャラクターっぽくしないで、普通の若者がそこにいる感じで、自然に演じていこうと思っています」と、演じるうえでの意気込みを語った。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る