麒麟がくる:熙子、光秀の腕の中で眠るように逝く 「尊い」「切ない」「一番泣いた…」

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第39回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第39回「本願寺を叩(たた)け」が1月3日に放送され、光秀(長谷川さん)の妻・熙子(木村文乃さん)の最期が描かれた。

 第39回は、戦に次々と勝利し、朝廷より武士としては最も高い冠位を授けられる信長(染谷将太さん)。しかし、三条西実澄(石橋蓮司さん)は、もはや帝(坂東玉三郎さん)さえもないがしろにするその態度を危険視していた。

 大坂本願寺との戦いに疲弊する光秀の元にやってきた信長は、一方的でむちゃな要求を繰り返す。そんな中、高熱で倒れる光秀。運び込まれた京の館で、必死に回復を祈る妻・熙子(木村さん)だったが……という展開だった。

 光秀が回復する一方、日に日に弱っていく熙子。最後の2人きりの時間に思い出話に花を咲かせると、熙子は光秀に「私は麒麟を呼ぶ者が、十兵衛様、あなたであったならと、ずっと、そう思っておりました。あといくつ戦をしのげば、穏やかな世が見られるのでしょうか? (娘の)岸やたまの子は戦を知らずに育つでしょうか?」と思いを伝える。

 さらに「眠くなりました」と光秀の腕の中で目を閉じる熙子。すると、ナレーションで「天正4年秋、光秀の妻 熙子は、その生涯を閉じた」と語られ、同回は終了した。

 SNSでは「眠るように…?」「ああ…明智家が尊い…泣いてしまう」「今までで一番泣いた……」「嫁は信じているのだなぁ…美しい…だが切ない」「煕子おぉぉぉぉ」「木村文乃さんの煕子、美しかった」などと、視聴者から退場を惜しむ声が上がっていた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る