君と世界が終わる日に:“本格ゾンビ”に視聴者驚き「怖すぎ」「夢に出てきそう」 走るゾンビ&“あるある”にも反響

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 4
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第1話が、1月17日に放送された。“生ける屍(しかばね)”が出現した終末世界を舞台に描かれるサバイバルラブストーリーで、劇中には特殊メークを施した本格的なゾンビが次々と登場する。「ゾンビ怖すぎ」「ゾンビの描写がリアル」「和製ゾンビってあんまり見たことないから怖かった」「ドキドキして寝られない」「めっちゃ怖くて夢に出てきそう」とSNSでは視聴者を驚きの声を上げていた。

 ドラマは、日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」の共同制作。主人公の間宮響(竹内さん)は、高校時代からの恋人・小笠原来美(中条あやみさん)へのプロポーズの準備をしていた日、トンネル崩落事故に巻き込まれる。閉じ込められて4日後、命からがら脱出すると、世界は一変し、ゾンビが出現する終末世界と化していた……という物語。

 第1話では、事故現場から脱出した響は、絶望的な状況の中、来美を捜して急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋に来美の姿はない。生存者を探す響は、たどり着いた近くの消防署で、警察官の同級生・等々力比呂(笠松将さん)と出会い、化け物にかみつかれることで伝染する謎の感染症でパンデミックを起こし、避難指示が出ていたという事実を聞く。

 消防署には、女子大生の佳奈恵(飯豊まりえさん)、引っ越しアルバイトのミンジュン(キム・ジェヒョンさん)らが身を寄せていた。しかし、救助に来るはずだった“避難所”とも連絡が取れなくなり、そこは極限状態となっていた。さらに、夜が訪れると不気味な咆哮(ほうこう)が響き、凶暴化した化け物たちに建物を包囲されてしまう。響たち生存者は避難所を目指し、生きるか死ぬかの脱出を試みる……という展開だった。

 SNSでは、“本格ゾンビ”が大量発生する様子も「怖い」と反響を呼んだほか、走って追いかけてくるゾンビに「ゾンビなのに走る」「走るタイプのゾンビはやばい」「手ごわい」といった声も上がった。

 さらに、登場人物が消防署に集まったり、集団から外れて単独行動をするシーンなど、“ゾンビものあるある”も話題となり、ツイッターでは「君と世界が終わる日に」がトレンド1位を記録した。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る