メガロボクス:テレビアニメ続編「NOMAD メガロボクス2」 ノマド名乗る7年後のジョー 4月スタート

「メガロボクス」の続編「NOMAD メガロボクス2」のティザービジュアル(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト
1 / 10
「メガロボクス」の続編「NOMAD メガロボクス2」のティザービジュアル(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクス2プロジェクト

 マンガ「あしたのジョー」が原案のオリジナルアニメ「メガロボクス」の続編となるテレビアニメ「NOMAD メガロボクス2」が、4月からTOKYO MX、BS11で放送されることが1月28日、明らかになった。前作で描かれた主人公・ジョーの“完全燃焼のその先”の新たなドラマが描かれるという。ティザーPVも公開され、前作最終話で描かれたメガロニア決勝戦から7年後のジョーの姿がお披露目された。傷だらけのジョーが描かれたティザービジュアルも公開された。

 前作では、肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技・メガロボクスに、ギアを付けずに挑んだギアレス・ジョーの戦いが描かれた。続編は、メガロボクスのトーナメント・メガロニアの決勝戦の7年後が描かれ、傷だらけの体にギアを装着し、自ら「ノマド」と名前を変えたジョーが登場する。

 細谷佳正さんがジョー/ノマド役、斎藤志郎さんが南部贋作役、安元洋貴さんが勇利役、村瀬迪与さんがサチオ役と、前作の声優陣がメインキャラクターを演じる。前作に続き、森山洋さんが監督、コンセプトデザインを務め、トムス・エンタテインメントが制作する。

 「メガロボクス」は、「あしたのジョー」の連載開始50周年を記念したプロジェクトの一環として制作。オリジナルストーリーで、八百長試合に身を沈めるボクサーが、運命にあらがうためにリングで戦う姿を描いた。2018年4~6月に放送された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督・コンセプトデザイン:森山洋▽脚本:真辺克彦・小嶋健作▽キャラクターデザイン:倉島亜由美▽サブキャラクターデザイン:金田尚美▽音楽:mabanua▽アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

 ◇細谷佳正さんのコメント

 続編の制作の話を聞いた時は、何も思わないようにしていました。現場に行かなければわからないことが多いので、とりあえず淡々と、アフレコの日を待っていたと思います。創りながら、前向きに「いろんなものを手放していこう」と自分に対して課しました。そうすることが必要……というか、そうしないと煩(うるさ)いものになってしまうと思ったからです。

 それに対して迷うこともありました。でもそれが新鮮で、「前作」を経験しているからこそ、以前の自分との変化をはっきりと感じることができたし、それをキャラクターに含ませることができたと思っています。制限の多い部分はありました。それでも何とか大事なものは維持しながら、創ることができたのではないか?と思います。作品ファンの皆さん、どうぞよろしくお願いします。

 ◇斎藤志郎さんのコメント

 事務所から「志郎さん、メガロボクス2の収録が始まります」と聞いた時、ついつい大きな声で「マジッ?!!」。そのよろこびは「メガロボクス半端ないって!!」という感動でした。しかし待てよ! 南部贋作は失明してしまったし、セコンドとしての登場なのか? 一体、どうなるんだろう? 興味深々。そして、台本を見てぶっ飛んだ!! その答えは……もちろん、見てのお楽しみ! さあ、メガロボクス2、待望の始まりです。「このアニメを見たら、あなたの涙はちょちょ切れる!」

 ◇安元洋貴さんのコメント

 まさかの続編。うれしく思います。勇利は、あの後、どのような道を歩んだのか。そしてジョーは何を思い、生きていくのか。また、分厚い、血の臭いのする熱い物語が始まります。楽しみにしていてください。俺も楽しみます。

 ◇村瀬迪与さんのコメント

 続編制作を知った時は視聴者としても、とてもうれしく楽しみでした。「2年前の今日、メガロボクス最終回が放送された」そんなツイートが流れてきた日にサチオ役の続投決定が届き、あの頃のサチオの思いと、これから、が混在して名状しがたい気持ちになったことを覚えています。あれから7年後……。とても重いパンチを喰(く)らうような重厚な作品になっています。ぜひご覧くださいませ。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る