麒麟がくる:黒田官兵衛役に濱田岳 最終回に登場! 14年大河「軍師官兵衛」で栗山善助役

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」最終回に黒田官兵衛役で出演する濱田岳さん (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」最終回に黒田官兵衛役で出演する濱田岳さん (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)に黒田官兵衛役で濱田岳さんが出演することが分かった。2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」では、官兵衛(岡田准一さん)の家臣・栗山善助を演じた濱田さんが 今回は官兵衛役で、2月7日放送の最終回に登場する。

 濱田さんは「『麒麟がくる』にお声がけいただき、そして時代の変わり目に、一人の武将として立たせていただけたことを恐悦至極に存じます」と“黒田家筆頭家老 栗山善助”としてコメントを寄せた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。放送は残り2回で、2月7日の最終回は15分拡大版となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る