麒麟がくる:“ガラシャ”芦田愛菜の願い “大好きな父上”光秀に「ずっと長生きしてほしい」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で芦田愛菜さん演じるたまのキャストビジュアル (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で芦田愛菜さん演じるたまのキャストビジュアル (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)の最終回(第44回)「本能寺の変」が2月7日、15分拡大版で放送される。主人公・光秀(長谷川さん)の娘・たま(後の細川ガラシャ)を演じる芦田愛菜さんはドラマの公式ツイッターでコメントを発表。「きっと父上が平和な世の中を作ってくれる。そして、大好きな父上には、ずっとずっと長生きしてほしい。たまのそんな思いを背に、父上はどんな道を選ぶのか? ぜひ見届けてほしいです!」と視聴者に呼びかけた。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。

 最終回は、宿敵・武田家を打ち滅ぼした戦勝祝いの席で、光秀は信長(染谷将太さん)から理不尽な叱責を受け、饗応役(きょうおうやく)の任を解かれる。追い打ちをかけるように信長は、光秀と縁深い四国の長宗我部征伐に相談もなしに乗り出すと告げる。

 「殿は戦の度に変わってしまった」と、その行き過ぎた態度をいさめる光秀に、「己を変えたのは戦ではなく光秀自身だ」と信長は冷たく言い放つ。そしてついに、ある究極の命令を光秀に突き付けたのだった……というストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る