ディーン・フジオカ:“五代様”再び! 「青天を衝け」で初大河 「あさが来た」と同役に「不思議な縁を感じている」

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演するディーン・フジオカさん
1 / 2
NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演するディーン・フジオカさん

 俳優の吉沢亮さん主演で2月14日にスタートするNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の新たなキャストが2月9日に発表され、薩摩藩士の五代才助(友厚)役で、俳優のディーン・フジオカさんが大河ドラマに初出演することが分かった。2015年後期に放送された連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」と同じ役での出演にディーン・フジオカさんは、「時を超えた不思議な縁を感じております」とコメントしている。

 五代は、薩英戦争で捕虜となるも釈放される。長年の長崎遊学から世界情勢に通じており、貿易による富国強兵を唱えて渡英。留学中にパリ万国博覧会の情報をいち早く得て、薩摩藩としての参加を実現し、幕府の威信を落とす。この時、幕府側の一員として参加していたのが栄一だった。後に「西の五代、東の渋沢」と称される実業家となる。

 ディーン・フジオカさんは、「大河ドラマに初めて出演させていただけることをとても光栄に思います。そして、連続テレビ小説『あさが来た』の時と同じ五代友厚役を再び演じる機会をいただいたことを心からうれしく思うと共に、時を超えた不思議な縁を感じております」とコメント。さらに、「日本の近代史において『西の五代』が『東の渋沢』とどう関わり、大阪経済復興に身を捧げたのか。その力強い生き様や、成し遂げた偉業について、視聴者の皆様と共に更なる理解を深めていけるよう『五代さん』を全身全霊で演じます」と意気込みを語っている。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。併せて、町田敬太さんが新選組副長・土方歳三役で出演することも発表された。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る