天国と地獄 ~サイコな2人~:最終回“魂逆転劇”完結 彩子・綾瀬はるかが日高・高橋一生の救出へ 陸・柄本佑「俺も最低かも」

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回のワンシーン(C)TBS
1 / 8
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終回のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」最終第10話が3月21日に放送される。サブタイトルは「遺言~アイノカタチ 魂逆転の果て…サヨナラの決断」で、望月彩子(綾瀬さん)と日高陽斗(高橋一生さん)の魂が逆転した物語が完結する。75分スペシャルで放送。

 彩子は、逮捕された日高を助け出す策を考えるが何もできない。同じ頃、河原三雄(北村一輝さん)が日高の取り調べを始める。東朔也(迫田孝也さん)と行動を共にしていた渡辺陸(柄本佑さん)も事情聴取を受ける。

 しかし、警察は連続殺人の主犯が誰なのか、真相にたどり着けない。彩子は真実を明らかにし、日高を助けるため、行動に出る……。

 予告映像では、彩子が「私と(魂が)入れ替わる必要なんてなかったじゃないか」と語る姿や、陸が「師匠(東)も最低だったけど、俺もなかなか最低かも」とつぶやく姿が映し出されている。日高が三つの殺人事件の犯行を認めるシーンも収められている。

 脚本は「世界の中心で、愛をさけぶ」「JIN‐仁‐」「義母と娘のブルース」(いずれもTBS系)など数々のヒットドラマを手掛けてきた脚本家の森下佳子さんのオリジナル。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る