さだまさし:「驚き」の朝ドラ初出演 「カムカムエヴリバディ」で平川唯役 ラジオ英語講座の人気講師に

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に平川唯一役で出演するさだまさしさん=NHK提供
1 / 2
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に平川唯一役で出演するさだまさしさん=NHK提供

 歌手のさだまさしさんが、2021年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に、ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師・平川唯一(ひらかわ・ただいち)役で出演することが3月22日、分かった。今回が初の朝ドラで、ドラマのキーパーソンを演じるさださんは、「『連続テレビ小説からのお誘い』と聞き、やっと主題歌が歌えるぞ、と期待したら大違い(笑い)。驚きの『出演』でした」と心境を明かしている。

 平川唯一は、終戦後まもなく放送されたNHKラジオ英語講座「英語会話」(1946~51年)、通称「カムカム英語」の人気講師で「カムカムおじさん」と呼ばれた。戦後の日本を明るくしたいという願いが込められた「カムカム英語」は、「証城寺の狸囃子(たぬきばやし)」のメロディーにのせたオープニングで人気を獲得。ブームの火付け役ともなった英語遊び(家族の情景を描いた英語ラジオドラマ)で、人々は英語を楽しく学んだ。全国でファンクラブが設立され、日本中に英語ブームを巻き起こした。

 さださんは、「芝居は慣れていませんが平川唯一さんの役で、ラジオの声が主だと聞き、ホッとしています。終戦直後の暗い時代を生きて『日本を明るくするため』に頑張った平川さんのことを思うとき、新型コロナウイルスに苦しんだ日本の未来へ、連続テレビ小説で日本を明るくするお手伝いができたら幸せです。お声がけいただき光栄です」と語っている。

 「カムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。ヒロインは上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

 制作統括の堀之内礼二郎さんは「平川唯一さんがラジオで英語講座を始めたときは、敗戦からまだ半年で、国中が暗い空気に包まれていました。『戦後の日本を明るくしたい』。講座にかける平川さんの思いはその一心でした。その内容は分かりやすくて誰にでもよく理解できるため、英語を学ぼうとする人はもちろん、学ぶつもりがない人でも、平川さんの明るい語りを聞くために、午後6時になるとみんなラジオをつけていたそうです」と話す。

 また「聞いている人を元気づけようと優しく温かく語りかける平川さん。そんな様子を思い浮かべたとき、さだまさしさんの姿が平川さんに重なりました」といい、「緊急事態宣言が出た2020年の春に、いち早く医療関係者への感謝とコロナ禍で落ち込む人々へのエールを歌ったさださん。真摯(しんし)な思いが込められた語りと歌声に、私自身がとてつもない勇気をいただきました」と明かす。

 さらに「思いをお伝えしたところ、『英語は苦手なんだけどな~』と笑いながらおっしゃりつつ、ご快諾をいただけました。英語のレッスンももう始めていただいています」と付け加えると、「さださんが演じる平川唯一さんのすてきな英語講座、想像するだけで胸がワクワクします。秋から始まるこの楽しい物語の世界にぜひ、カムカムエヴリバディ」と視聴者に呼びかけた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る