今田美桜:「おかえりモネ」気象予報士・神野マリアンナ莉子役 清原果耶とコンビ「可愛く、愛嬌たっぷり」

清原果耶さん主演の朝ドラ「おかえりモネ」に出演が決まった今田美桜さん
1 / 1
清原果耶さん主演の朝ドラ「おかえりモネ」に出演が決まった今田美桜さん

 女優の今田美桜さんが、清原果耶さん主演で5月17日にスタートするNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」に出演することが3月29日、明らかになった。今田さんは今回が初の朝ドラで、若手気象予報士の神野マリアンナ莉子を演じる。

 今田さんは「今回、『おかえりモネ』に参加させてもらえること、とてもうれしいです。莉子は、ハッキリしていて、器用なようで、不器用なような、かなり素直で正直な子だなと思います。莉子の頑張りに私も元気をもらいます。そんな可愛く、愛嬌(あいきょう)たっぷりの気象予報士、莉子がスタッフ、キャストの皆様と一緒に成長できたらと思ってます!」とコメントを寄せた。

 今田さん演じる莉子は、ヒロイン永浦百音(ももね、清原さん)を気象予報の世界へと導く予報士・朝岡覚(西島秀俊さん)がキャスターを務める報道番組で、中継コーナーを担当する女性。華やかな風貌で、仕事中は常ににこやかだが、ゆくゆくは報道キャスターになりたいという野望を秘めている。百音とは正反対のタイプだが、やがて百音とコンビを組むことになる役どころだ。

 「おかえりモネ」は第104作の朝ドラで、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系、2017年)や「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)と話題作を次々と手掛ける脚本家の安達奈緒子さんによるオリジナル作品。

 「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同県の登米(とめ)で青春を送るヒロイン永浦百音が、気象予報という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語となる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る