注目ドラマ紹介:「殴り愛、炎」 鈴木おさむが新たに放つ強烈作 主演は山崎育三郎 瀧本美織&市原隼人と恋愛バトル

ドラマスペシャル「殴り愛、炎」前編のワンシーン=テレビ朝日提供
1 / 3
ドラマスペシャル「殴り愛、炎」前編のワンシーン=テレビ朝日提供

 放送作家・鈴木おさむさん脚本のドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)が、4月2、9日の2週にわたり放送される。ドラマ「奪い愛、冬」(同局系、2017年)や「奪い愛、夏」(ABEMA、19年)などを手がけた鈴木さんが新たに放つ強烈作。山崎育三郎さんが主人公のスーパードクター・明田(あきた)光男を演じる。光男と共に恋愛バトルを繰り広げる役で、瀧本美織さんと市原隼人さんが出演する。一部地域を除き午後11時15分から放送。

 婚約者を愛し抜く主人公を中心に、男女5人の恋愛模様を描く。光男は、父の経営する明田総合病院に勤める。次期院長と目されるエリートで、過去に一度も人を殴ったことがない人格者。しかし、光男の婚約者で看護師の豊田秀実(瀧本さん)が高校時代に思いを寄せていた陶芸家の緒川信彦(市原さん)が入院してきたことで、段々ひょう変していく。

 前編は……すご腕心臓外科医の光男(山崎さん)は、同僚看護師・秀実(瀧本さん)との結婚式を1カ月後に控え、幸せの絶頂にいた。そんなある日、光男は心臓発作を起こした信彦(市原さん)の手術を担当。生死の境をさまよう信彦の命を、鮮やかなオペで救う。ところが、信彦に、担当看護師として秀実を紹介した瞬間、運命の歯車はあらぬ方向へとめまぐるしく回りだす。

 光男の幼なじみ・徳重家子役を酒井若菜さん、光男の母親違いの兄で、弟への嫉妬心を秘める心療内科医・鈴川倫太役を永井大さんが演じる。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る