日向坂46佐々木美玲:「賭ケグルイ双」“家畜”佐渡みくらに似ているかも? 「求められることはうれしい」

「賭ケグルイ双」に出演する佐々木美玲さん
1 / 3
「賭ケグルイ双」に出演する佐々木美玲さん

 実写「賭ケグルイ」シリーズの新作ドラマ「賭ケグルイ双(ツイン)」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)に出演しているアイドルグループ「日向坂46」の佐々木美玲さん。豪華キャストが集結する同作で、ビジュアルもひときわ目立つ女子生徒・佐渡みくらを演じている。首輪で鎖に繋がれた“家畜”というキャラクター設定に赤髪と、普段アイドルとして活躍する佐々木さんのイメージからは大きく乖離(かいり)している。そんなみくらについて「似ている部分はあるかも知れません」と笑顔で明かす佐々木さんに話を聞いた。

 ◇人生初ブリーチ  首輪がないとソワソワ

 「賭ケグルイ」は、マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で2014年3月から連載中の河本ほむらさん作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さが勝敗を左右するギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園に、ギャンブル狂の謎多き転校生・蛇喰夢子が現れたことで、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。これまで、浜辺美波さん主演で連続ドラマが2作放送され、映画が1作公開された。4月29日には新作映画「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」の公開を控える。

 佐々木さんが出演する「賭ケグルイ双」は、人気キャラ・早乙女芽亜里(めあり)が主人公のスピンオフマンガを、森川葵さん主演で実写化。夢子が学園に転校してくる1年前を描いた前日譚(たん)にあたる。佐々木さん演じる佐渡みくらは、長井短さん扮(ふん)する学園を牛耳る生徒会の一員の風紀委員長・聚楽幸子の専用家畜。キャスト発表時から、佐々木さんの出演と役どころが話題となっていたが……。

 佐々木さんは「もともと大好きな作品でしたし、狂気的なキャラクターを一度演じてみたいと思っていたので、お話をいただいたときはすごくうれしかったです。でも、ギャンブルを仕掛ける方かと思っていたら、まさか“ミケ”の札を持っている方だとは……びっくりしました(笑い)。後、首輪もついていました」と笑う。

 特徴的な髪の毛は、ウイッグを使わずに地毛を染めた。「初めてブリーチをしました! ここまで赤くなるとはと自分でも驚いたのですが、メンバーからも『想像以上に赤だね』と言われました」とにっこり。首輪についても「見た目よりも重くなくて、撮影中はどんどん慣れてきて、途中から首輪がないとソワソワしました(笑い)」と話す。

 演じる上で一番大切にしたのは「普段はツンとしているけど、聚楽様の前だと好きがあふれてしまう、そのギャップ」。聚楽幸子に仕えることが喜びで、彼女に求められることで悦に浸るみくらについて、「私自身結構甘えられたいタイプなので、求められることはうれしいですね。そう思うと似ているかも知れません」と明かした。

 ◇「新しいことをするのがすごく好き」 代えがたい経験に演技への思い

 約1カ月に及んだという撮影について、「演技の経験はまだまだ足りないので、分からないことだらけでした」と話す佐々木さん。代えがたい経験もできたようで、「休憩時間に監督から『もっと声を張った方がいいよ』などとすごく丁寧に教えていただけました。また、合間に長井さんと監督と3人で話していたときに、監督が長井さんにキャラクターの動きについて相談しているのを聞いて、役を理解していないと絶対に意見は言えないと思いますし、だからこそ監督も相談しにくるんだ、と。すごいなあと思いました」と振り返る。

 続けて、「演技のお仕事は楽しいです!」と声を弾ませると、「歌やダンスなどアイドル活動とはまったく違う世界ですし、違う自分にならないといけないので難しさはありますが、できないからこそできるようになりたいです」と目を輝かせ、「新しいことをするのがすごく好きなので、これからもいろいろな役をやってみたいです。自信を持てる演技をやりたいです!」と力を込めた。

 最後にファンに向けて、「『賭ケグルイ双』では普段とは違う佐々木美玲を楽しんでもらえたらな、と思います。私も引き込まれた作品なので、ぜひ見ていただけたらうれしいです!」とアピールした。

写真を見る全 3 枚

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る