桜の塔:第3話 “漣”玉木宏が監察官として初任務 警察内の拳銃横流し事件を捜査

ドラマ「桜の塔」第3話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
ドラマ「桜の塔」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第3話が4月29日に放送される。警視正に昇進した上條漣(玉木さん)は警務部に異動。「警察の中の警察」とも言われる監察官に就任し、半月前に押収した拳銃を横流しした主犯を捜す。

 漣は、押収品保管倉庫に拳銃を届けた高杉賢剛(長谷川朝晴さん)と轟啓一(駒木根隆介さん)のどちらかが主犯とにらむ。漣は犯人を確実に逮捕するため、2人にある“わな”を仕掛ける。さらに漣は、横流し事件の裏には隠された何かがあると考え、同期の馳道忠(渡辺大知さん)に、事件関連資料の精査を依頼。やがて、警視庁を揺るがす闇深い真実が発覚し、常に冷静な漣が激しく取り乱す事態にまで発展する。

 「桜の塔」は、2019年に放送された「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)や、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)の武藤将吾さんが脚本を手がけるオリジナル作品で、警視総監を目指す警官たちの権力闘争を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る