青天を衝け:新キャスト発表 志尊淳、犬飼貴丈、小日向文世の息子らが大河初出演

NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演する(左から)志尊淳さん、犬飼貴丈さん、小日向星一さん
1 / 9
NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演する(左から)志尊淳さん、犬飼貴丈さん、小日向星一さん

 吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の新たなキャストが5月2日に発表され、俳優の志尊淳さん、犬飼貴丈さん、小日向文世さんの息子で俳優の小日向星一さんら11人が出演することが分かった。志尊さん、犬飼さん、小日向さんが大河ドラマに出演するのは初めて。志尊さんは杉浦愛蔵(譲)、犬飼さんは福地源一郎、小日向星一さんは松平容保をそれぞれ演じる。

 栗本鋤雲役で池内万作さん、田辺太一役で山中聡さん、向山一履役で岡森諦さん、高松凌雲役で細田善彦さん、黒川嘉兵衛役でみのすけさん、原市之進役で尾上寛之さん、松平定敬役で小日向春平さん、井上聞多(馨)役で福士誠治さんが出演する。小日向春平さん、福士さんも大河ドラマ初出演となる。

 制作統括の菓子浩さんは「物語は、いよいよ江戸から明治へと変わるターニングポイントに差し掛かります。新たにお迎えすることになった素晴らしいキャストの皆さんと一緒に、この激動の展開を熱くお届けしていきたいと思います。これからの『青天を衝け』どうぞご期待ください」とコメントしている。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、朝ドラ「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る