リアルスコープ:どうしてレンジだけで羽根つきギョーザに? ジャイアントコーン、ブラックサンダーの進化も きょう放送

(左から)山﨑夕貴アナウンサー、岡部大さん、井上咲楽さん、山里亮太さん、朝日奈央、「中川家」礼二さん、荒牧慶彦(C)フジテレビ
1 / 1
(左から)山﨑夕貴アナウンサー、岡部大さん、井上咲楽さん、山里亮太さん、朝日奈央、「中川家」礼二さん、荒牧慶彦(C)フジテレビ

 “大人の社会科見学”をコンセプトにさまざまな世界に潜入するバラエティー番組「リアルスコープ」(フジテレビ系)が5月4日午後7時から放送される。約6年ぶりの地上波ゴールデン復活で、次世代新幹線から大ヒット冷凍商品、国民的お菓子、視聴率まであらゆる世界の“令和の進化”に初潜入する。

 「リアルスコープ」は“大人の社会科見学”をコンセプトにしたバラエティー番組。特殊潜入メカ「リアルスコープ」が、秘密の工場や謎の施設などあらゆる世界に潜入。気になる人々やモノ、場所を次々にズームアップして、目には見えない真実の姿(データ)までも瞬時に映し出し、あらゆる世界を丸裸にしていくという内容。2009年1月に深夜枠で初放送されて人気を博し、2011年4月から2015年3月まで土曜午後7時からレギュラー放送された。

 番組では、国内最速の最高時速400キロで走行可能という、JR東日本が現在開発中の次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」の開発現場に潜入。「ALFA-X」は約22メートルという特徴的なとても長い鼻を持つが、先頭車両と最後尾の車両では形状が異なっているといい、その理由について明かされる。

 また、味の素冷凍食品の大ヒット商品、冷凍焼きギョーザで、フライパンを使わず電子レンジで温めるだけで、まるで焼き上げたかのような羽根つきパリパリのギョーザが完成するという冷凍ギョーザの工場に潜入。ポイントとなる「羽根のもと」について探るほか、年間売り上げ2000万パック以上という冷凍チャーハンの「ザ★チャーハン」。電子レンジで温めただけでパラパラになる、プロの料理人もうなった冷凍チャーハンの秘密をテレビ初解禁する。

 さらに1963年に発売されてから58年という江崎グリコの国民的アイス「ジャイアントコーン」が令和の時代に大きく進化。“誰もが幸せになる”進化を探るほか、さらに有楽製菓の大ヒットチョコレート菓子「ブラックサンダー」やカネテツデリカフーズの「ほぼカニ」の進化の秘密もテレビ初解禁される。

 また、テレビ番組の人気のバロメーターである視聴率が、24年ぶりに大きく進化。視聴率調査を行っているビデオリサーチに潜入し、視聴率だけではなく、芸能人の運命を左右するかもしれないという調査についても探っていく。

 スタジオには「南海キャンディーズ」の山里亮太さん、「ハナコ」の岡部大さん、朝日奈央さん、井上咲楽さん、「中川家」の礼二さんと荒牧慶彦さんが登場する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る