香川照之:きょう「昆虫すごいぜ!」課外授業 テーマは「テントウムシ」 たくさんの「星」求め、寺田心と虫捕り対決

5月5日放送の「香川照之の昆虫すごいぜ!『春だよ!課外授業はテントウムシ』」の一場面 (C)NHK
1 / 7
5月5日放送の「香川照之の昆虫すごいぜ!『春だよ!課外授業はテントウムシ』」の一場面 (C)NHK

 昆虫好きで知られる俳優の香川照之さんによるNHK・Eテレの学校放送番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」の課外授業「春だよ!課外授業はテントウムシ」が、5月5日午前9時から放送される。昆虫界のアイドル「テントウムシ」がテーマで、カマキリ先生(香川さん)が子カマキリ(寺田心さん)と初めて一緒に昆虫採集に出かける。

 番組は、「人間よ!昆虫に学べ」をテーマに、香川さんがカマキリの着ぐるみ姿の“カマキリ先生”となり、大好きな昆虫の生態を紹介する。2016年10月にスタートし、1時間目から8時間目まで「トノサマバッタ」「モンシロチョウ」「オニヤンマ」「クマバチ」「ハンミョウ」「アリ」「キリギリス」「セミ」を取り上げ、特別編も放送されてきた。

 「テントウムシ」といえば、背中の星(紋)が七つの、おなじみ「ナナホシテントウ」のほかにも、日本だけで180種、紋の数も0から20以上と、その種類は実に多彩。今回はできるだけたくさんの「星」を求めて親子で虫捕り対決することに。果たして勝負の行方は……。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る