おちょやん:熊田さん、千代ちゃんに“最後の仕事” 「やっぱりキーマン」「そろそろ下の名前教えて」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第111回のワンシーン (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」第111回のワンシーン (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第111回が5月10日に放送された。同回では、熊田(西川忠志さん)が千代(杉咲さん)の暮らす家にやってきて、「鶴亀新喜劇」の舞台に立つように説得するシーンが登場。「僕の最後の仕事なんや」という熊田に対して、SNSでは「熊田さんにまた泣ける」「やっぱりキーマンで熱くて優しい」「千代をずっと見守ってきたもんな…」などとつぶやかれた。

 熊田は、千代が子供の頃から交流を重ねてきた人物でありながら、これまで苗字しか明かされていないということもあり、「熊田さんこんなええ役なんだからそろそろ下の名前ください…」「最後に下の名前が明かされたりするんかな?」「そろそろ下の名前教えてほしい」とフルネームを知りたがる声も多く上がった。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る