おちょやん:千代ちゃん、新喜劇に帰還! 一平とついに“再共演”「よっ!日本一!」「掛け合いに涙」

NHK連続テレビ小説「おちょやん」の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」の一場面 (C)NHK

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の最終回が5月14日に放送された。同回では、千代(杉咲さん)が再び新喜劇の舞台で芝居をするシーンが登場し、SNSでは「よっ!日本一!」「まさにグランドフィナーレ」「大団円!って言葉がぴったり」「朝から涙ぼろぼろの千秋楽でした」「千秋楽ブラボー。アンコール!!」とたくさんの“拍手”に包まれた。

 同回では、一平(成田凌さん)との舞台再共演が実現。「芝居のせりふを通して心の内を語る千代と一平。『ホンマにこの2人はー!』ってなる」「一平と千代が根底で信頼しあっている、つながっている感じがしてうれしかった」「千代ちゃんの舞台での演技が、一平との間のいざこざに決着つけにきてる感じがして良かった」「最後の千代ちゃんと一平の掛け合いに涙でした」と“元夫婦”の掛け合いにも多くの反響が寄せられた。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る