青天を衝け:西郷隆盛がいよいよ登場 博多華丸、九州人として“畏れ多い大役”に挑む!

NHK大河ドラマ「青天を衝け」で博多華丸さん演じる西郷隆盛 (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」で博多華丸さん演じる西郷隆盛 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第15回「篤太夫、薩摩潜入」が5月23日に放送される。同回では、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸さん演じる薩摩藩士・西郷吉之助(隆盛)が初登場する。

 西郷隆盛は、島津久光(池田成志さん)が目指す公武合体実現のため、流罪を赦免されて藩政に復帰。大坂にある薩摩藩士・折田要蔵(徳井優さん)の塾に、一橋家の命で偵察に来ていた栄一(吉沢さん)と出会う。周りの薩摩藩士たちは栄一に不信の目を向けていたが、西郷は共に豚鍋をつつきながら栄一を見定めようとする……。

 今年1月の出演発表の際、華丸さんは「今思えば 祖母の家に祖母が書いたであろう【敬天愛人】の額が飾ってありました。『何て読むと~?』と無邪気に聞いたとき、いろいろ説明してくれた記憶があります」と明かし、「九州人として畏れ多い大役ですが、天国のばあちゃんに喜んでもらえるよう頑張ります」と意気込みを語っていた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る