青天を衝け:頭に包帯の草なぎ剛“慶喜”「完全にコント」「ジワる」 猪飼勝三郎のやらかしエピソード登場

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第15回のワンシーン 頭にけがをした慶喜(草なぎ剛さん) (C)NHK
1 / 3
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第15回のワンシーン 頭にけがをした慶喜(草なぎ剛さん) (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第15回「篤太夫、薩摩潜入」が5月23日に放送され、遠山俊也さん演じる一橋家家臣・猪飼勝三郎が若かりし小姓時代に「やらかした」エピソードが描かれた。

 猪飼勝三郎が、慶喜(草なぎ剛さん)にほれ込んだという二つのエピソードで、火の見やぐらを登っていた際、慶喜の顔に足を当てて鼻血を出させてしまった話と、髪上げをしていた際、誤ってカミソリで慶喜の頭を切ってしまった話が披露された。

 頭に包帯を巻きながらも「自分の脇見が原因」「痛くもなんともない」と猪飼勝三郎の失態を戒めることなく寛容に受け入れる慶喜も登場し、SNSでは「猪飼さま、やらかしてるなー」「猪狩さんそそっかしすぎるだろ」「慶喜さま、寛大過ぎるww」といった声が上がったほか、「おいおい大けがじゃねえか」「痛くもなんともないと言いながら結構なケガで草」「何このドジ部下コントwww(史実)」「慶喜の包帯、コントそのものじゃん」「完全にコント」「あの包帯はやっぱりジワる」と歴史ファンを喜ばせていた。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る