イタイケに恋して:“遊園地のような”シェアハウスで撮入 菊池風磨「ワクワクしました!」 休憩中は即席英会話レッスン?

7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」の場面写真=読売テレビ提供
1 / 1
7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」の場面写真=読売テレビ提供

 7月1日スタートの連続ドラマ「イタイケに恋して」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)でトリプル主演を務める俳優の渡辺大知さん、人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さん、お笑いグループ「超新塾」のアイクぬわらさんが、6月上旬にクランクインした。劇中で3人が共同生活を送る教会を改修したシェアハウスの場面から撮影を開始。菊池さんは「筋トレマシーンがあったり、ちょっとした小部屋だとか……こんなところに住むのは憧れですね。遊園地のようなワクワクする感じがありました!」と感想を語った。

 「イタイケに恋して」は、連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズや「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司さんのオリジナル作品。不器用でモテない男子3人が、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして奮闘していく。渡辺さんはとにかく売れないシンガーソングライター・影山信博、菊池さんはとにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯塚将希、アイクさんはとにかくピュアで売れない外国人少女マンガ家のマリック・ジョンソンJrを演じる。

 ドラマでは、3人が日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら、“さまざまな恋の形”と向き合っていく。初日には「人は何秒間目が合うと恋に落ちるか?」について話し合うシーンが撮影され、休憩中にはアイクさんが「即席英会話レッスン」を開き、菊池さんに英語の発音を教えるなど、仲の良さも垣間見られたという。

 撮影初日を終え、渡辺さんは「この3人が集まれば、あべこべだけど、なんか妙にまとまっちゃうみたいな空気が初日から出来たな、と思っています。僕たち3人だけじゃなくて、スタッフさんも含めてすごく良い空気が作れていると思っています。引き続きこれからの撮影も楽しみです!」とコメント。

 アイクさんは「めちゃくちゃ緊張しました! はじめのうちは『ミスしちゃダメだ』という気持ちがあったんですが、やればやるほど楽しくなってきました」と言い、「明日の撮影も、あさっての撮影も、これからも全部楽しみになってきています」と期待を寄せた。

 菊池さんは「クランクイン初日はとにかく楽しかったです! 3人で事前のリハーサルを重ねてきたこともあって、今日はすごく楽しい掛け合いが出来ました」と充実感をのぞかせ、「マリックがスイカを割ったり、一緒に花火をしたり、夏満載の要素もたっぷりです!」とアピールした。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る