純烈:コロナ禍で解散の危機…ファンの一言“救い”に 明日の「徹子の部屋」

6月11日放送の「徹子の部屋」に出演する純烈=テレビ朝日提供
1 / 3
6月11日放送の「徹子の部屋」に出演する純烈=テレビ朝日提供

 音楽ユニット「純烈」が、6月11日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。番組では、コロナ禍で解散を考えたことを告白するほか、ボーカルの白川裕二郎さんは5キロ太ってしまったことを話す。

 健康センターで歌っていたことがきっかけで注目され、NHK紅白歌合戦に3年連続出場を果たすなど、人気となった「純烈」。しかし、昨年からのコロナ禍で、“ファンとの距離が近い”という自分たちの個性を封印しなければならず、解散も考えたと明かす。その結論に至らなかったのは、リーダーの酒井一圭さんが街中で会ったファンの一言だったという。

 コロナ禍でコンサートは約200公演が中止となったが、ドラマやクイズ番組など、個人でできる仕事を増やしながら「純烈」は活動してきた。コンサートが中止になったためか、全国のファンからは旬の食材がたくさん送られてくるようになったという。ボーカルの白川さんには毎週六つのマンゴーが送られてきて、無駄にしてはいけない、と食べ続けた結果、5キロ太ってしまったと語る。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る