小芝風花:「個性がない、特徴がない」と悩んだ過去 特撮ヒロイン役に喜び「私でもできるんだ」

「超速パラヒーロー ガンディーン」でヒロイン・深井京を演じる小芝風花さん
1 / 6
「超速パラヒーロー ガンディーン」でヒロイン・深井京を演じる小芝風花さん

 「仮面ライダージオウ」などで知られる奥野壮さん主演の特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」(NHK総合)に出演する小芝風花さん。隠れ特撮オタクの妄想女子がハマり役となった同局の連続ドラマ「トクサツガガガ」を経て、今回は“本格特撮”作品でヒロイン役を務めることになった。劇中では特撮ヒロインらしく(?)、怪獣のシッポに巻き付かれてしまうシーンもあるという小芝さんに、ドラマや役どころに加え、女優としての現在の思いを語ってもらった。

 ◇特撮ヒロイン「もうない話だと思っていた」

 「超速パラヒーロー ガンディーン」のテーマは「パラスポーツ×本格特撮」。大きな夢を持ち、パラ陸上の練習に打ち込む17歳の高校生・森宮大志(奥野さん)が、仲間が作るサポート・ギアを駆使して侵略者から地球を守る。ヒーロー「ガンディーン」は、空から落ちてきたイケメン宇宙人「グー」(林カラスさん)から授かったパワーにより、大志が特殊なプロテクターをまとって変身した姿。アラート星で技術革新が重ねられてきた植物由来のエネルギーを駆使して戦う。

 「車いすに乗っているヒーローということでインパクトの強さを感じましたし、造形も樹木っぽくて、すごく斬新だなって思いました。ヒーローだけどまがまがしい感じがありますし、特撮を好きな人も、今まで見たことのない新しいヒーローが生まれたんだって思ってもらえると思います」と小芝さんも新しいヒーローに期待を寄せる。

 小芝さんがドラマで演じるヒロイン・深井京(けい)は、大志を鍛える元陸上選手の鬼コーチだ。「京が大志に『相手に勝つためには強い闘争心がないとダメ』というような言葉をかけるシーンがあるのですが、私もフィギュアスケートを習っていたとき、周りはみんなライバルだから、ほかの人が休んでいるときにこそ、1本でも多くジャンプを跳ばないとって思っていたので、そういった気持ちの部分は似ていると思います」と役への印象を明かす。

 「特撮ヒロイン」というポジションについては、「私の中のイメージでは、芸能界に入ってあまり時間がたっていない人や、いわゆる新人の方が最初に経験する役」だったといい、「いろいろなことを学んで役と一緒に成長するみたいな。だから私ではフレッシュさやキラキラ感が足りないんじゃないかという不安もありましたし、もうない話だと思っていたので、私でもできるんだって思いました」とうれしそうに話す。

 そんな小芝さんにとって挑戦となったのは「怪獣にシッポで持ち上げられるところ」。「当たり前ですけど、経験したことないじゃないですか(笑い)。シーンとしては合成になっていて、分からないながらもグリーンバックで想像で演じてみました。本当にこれで合っているのかと不安もあったのですが、今までにない挑戦にもなりましたし、一視聴者として、どんなふうに怪獣に捕まっているのか、放送がとても楽しみです」と声を弾ませた。

 ◇個性がないからこそ、いろいろな役に染まることができる

 今作に限らず、小芝さんは「任せていただける役が少しずつ大きくなってきている」ことを実感しつつ、「毎回、何としてでもいい形で演じきりたいという思い」で多くの作品に向き合ってきた。

 一方で「『主演』や『ヒロイン』という肩書をいただけるようになりましたが、だからといって、『こういうふうにしなくては』というものは正直なくて。少しでも『この役を小芝風花にやらせて良かった』とスタッフの方々や見てくださる視聴者の方に思ってもらえることが大事」という考えを持っている。

 それでも以前は、「『個性がない』というのが悩みだったんです」と告白する小芝さん。「自分は特徴もないですし、きっと覚えてもらいづらいだろうなとか、悩んだこともあったのですが……。最近は個性が強いと、覚えてもらえる分、役が偏ってしまうのではないかと思うようにもなってきて。個性がないからこそ、いろいろな役に染まることができるだろうし、『トクサツガガガ』以降、コメディー作品が続いて『面白いね』と言っていただけて本当にうれしかったのですが、私はそれだけをずっとやりたいわけじゃない」と女優としての思いを語る。

 「優等生」イメージについても、「それこそ『真面目だね』って言われるたびに『面白みがなくてすみませんね』と思ってしまう自分がいました(笑い)」と冗談まじりに本音をぽろり。「だからといってバラエティー番組やインタビューなどで過激な発言や自由奔放な発言をするつもりはないですし、自分の性格上、絶対にできないと思っているので。そこは無理することなく、やり続けたいのはお芝居という軸はブレずにこれからも頑張っていけたらなって思っています」と話していた。

 ドラマは6月26日、7月3日、7月10日午後6時5分にNHK総合で放送される。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る