おかえりモネ:坂井真紀、“家族”浅野忠信&永瀬廉との共演「濃厚な時間」 大切なバトン渡す役目には「緊張」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で家族を演じた(左から)浅野忠信さん、永瀬廉さん、坂井真紀さん (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で家族を演じた(左から)浅野忠信さん、永瀬廉さん、坂井真紀さん (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で及川美波を演じる坂井真紀さん。美波は“りょーちん”こと及川亮(永瀬廉さん)の母親で、新次(浅野忠信さん)の妻だ。坂井さんは浅野さんと永瀬さんとの共演について、「浅野さんと永瀬さんのたたずまいから、私たち家族の香りが漂ってきました。そして、私たちが歩んできたであろう道がすーっと見えてきて、私の居た場所が見えました。お二人に温かく迎えていただき感謝しています」と振り返った。

 さらに坂井さんは、「陽気な皆さんに囲まれて、あんなに気持ちよくカラオケを歌わせていただいたこともとても貴重な経験でした(笑い)。撮影期間は短かったのですが、家族として濃厚な時間を過ごしたような気がしています」と語った。

 また、出演が決まった際、「とてもうれしい気持ちと同時に、動き出している物語に大切なバトンをお渡しするという役目への緊張がおそってきました」という坂井さんは、「制作統括の吉永(証)さんはじめ、スタッフの皆さんの作品への熱い思いが私の大きな力となりました」と告白。「そして、ヒロインの清原果耶ちゃんとは2作品ご一緒しており、私より相当年下ですが、女優さんとして本当に尊敬しています。果耶ちゃんの朝ドラを絶対にいいものにしたいと強く思いました」と話した。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る