注目ドラマ紹介:「刑事7人」シーズン7 “天樹悠”東山紀之らバラバラになった7人 凶悪な連続殺人事件解決のため再結集

7月7日スタートの連続ドラマ「刑事7人」シーズン7に出演する(左から)北大路欣也さん、塚本高史さん、倉科カナさん、東山紀之さん、田辺誠一さん、白洲迅さん、吉田鋼太郎さん=テレビ朝日提供
1 / 2
7月7日スタートの連続ドラマ「刑事7人」シーズン7に出演する(左から)北大路欣也さん、塚本高史さん、倉科カナさん、東山紀之さん、田辺誠一さん、白洲迅さん、吉田鋼太郎さん=テレビ朝日提供

 俳優の東山紀之さん主演の人気ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系、水曜午後9時)のシーズン7が、7月7日に始まる。デジタル化の波で東山さん演じる主人公・天樹悠らの所属する「刑事資料係」と「専従捜査班」が解散。別々の部署に配属された天樹ら7元メンバー人が、2件の連続殺人事件をきっかけに再集結し、次々起こる超凶悪犯罪、未解決事件を解決すべく奮闘する。初回は拡大スペシャルで午後10時4分まで放送。

 「刑事7人」は2015年にスタート。捜査資料を保管、維持、管理する刑事資料係に所属する刑事・天樹を中心とした専従捜査班が、難事件に挑む姿を描く。元専従捜査班の海老沢芳樹を田辺誠一さん、同じく水田環を倉科カナさん、野々村拓海を白洲迅さん、青山新を塚本高史さん、片桐正敏を吉田鋼太郎さんがそれぞれ演じる。専従捜査班の依頼で司法解剖をしていた堂本俊太郎(北大路欣也さん)は現場を退き、後進育成に注力している。

 それぞれのメンバーの現在の所属先は、海老沢が地域課所属の交番、水田が組織犯罪対策部、野々村が捜査一課七係、青山が少年育成課、片桐が交通機動隊の白バイ隊。天樹は所属不明で他の6人も行方を知らない、という設定。

 シーズン7では、各メンバーに焦点を当てた回がある。堂本の揺るがぬ信念の誕生秘話や、片桐の知られざるプライベートの裏側、水田と青山の関係の微妙な変化、海老沢の10年に及ぶ不運の結末、憧れのエリート部署に異動した野々村の決断など、それぞれの素顔がより深く明らかになるという。

 第1話は……暴力団の緒方という男の遺体が森の中で発見される。所持品の中からは、緒方が麻薬の売買をしている写真と共に「お前の罪を知っている」と書かれた紙が見付かる。捜査一課七係の野々村は現場周辺や緒方の関係先へ聞き込みに行こうとするが、現上司の多々良(平山浩行さん)に非効率だと制される。解剖結果から胸部刺傷による失血死と判明するが、野々村は脇腹に傷を発見。気になって解剖医に聞くも、事件には無関係と判断される。

 数日後、別の殺人事件が発生。その遺体の所持品にも「お前の罪を知っている」と書かれた紙があった。しかし、2人の被害者をデータベースやネットなどで調べるが、接点は見当たらなかった。次第に深まる連続殺人事件の謎。バラバラになっていたスペシャリスト7人が再び動き出す。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る