青天を衝け:VFXの勝利? 凱旋門からの眺め、ナポレオン三世の謁見式… “1867年のパリ”再現!

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第22回の一場面 ナポレオン三世の謁見式に出席する徳川昭武(板垣李光人さん)ら (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第22回の一場面 ナポレオン三世の謁見式に出席する徳川昭武(板垣李光人さん)ら (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第22回「篤太夫、パリへ」が7月11日に放送された。ドラマは同回から“パリ編”に突入。VFX(視覚効果)技術を用いて1867年のパリが再現された。

 同回では、パリに到着した篤太夫(吉沢さん)たちが、凱旋門の上からパリの町並みを眺めるシーンが登場。SNSでは「おぉー! 絶景!」「全部VFXだけど、パッと見では違和感がそれ程ない」「これ全部CGか。すごいな」「合成すごい!」「VFXすっげー」「CG班の頑張りに拍手」「おおー、VFXの勝利だいね!」などと視聴者の関心を誘った。

 また、将軍・慶喜(草なぎ剛さん)の名代として、昭武(板垣李光人さん)がナポレオン三世の謁見式に出席する様子も描かれ、「ナポレオン三世?」「プリンス・トクガワ!」「何ともすごい絵面だ」「昭武、凛々しいな」「デジタル処理すごいね」「すごいいCG技術だなぁ」「別撮り合成とは思えない出来ですね。すごい!」といった声も次々と上がった。

 第22回は、パリに到着した篤太夫たちは、早速、万国博覧会の会場を視察。蒸気機関やエレベーター……最先端の西洋技術を目の前にして度肝を抜かれる。しかし、日本の展示ブースに行くと、そこには薩摩の紋が高々と掲げられていた。幕府使節団は薩摩に抗議するが、モンブランと五代(ディーン・フジオカさん)が裏で手を引き、幕府と薩摩は同格の政府であると風聞が流れる。

 そんな中、昭武はナポレオン三世の謁見式に出席し、堂々と慶喜の名代としての役目を果たす。そのころ日本では、慶喜が次々と幕政改革を打ち出していた……という展開だった。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る