カムカムエヴリバディ:オダギリジョー、市川実日子ら出演 “2代目ヒロイン”深津絵里「待ちきれません」

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインを演じる(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK
1 / 1
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のヒロインを演じる(左から)上白石萌音さん、川栄李奈さん、深津絵里さん (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、2021年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」の新キャストが7月15日、発表され、オダギリジョーさん、市川実日子さん、早乙女太一さん、村田雄浩さん、濱田マリさん、近藤芳正さん、笑福亭笑瓶さんが出演することが分かった。深津さん演じる“2代目ヒロイン”るいをとりまく人物として大阪編に登場する。

 オダギリさんが謎の男・大月錠一郎、市川さんがジャズ喫茶に通う女子大生のベリー、早乙女さんがミュージシャンのトミー、村田さんが「竹村クリーニング店」の店主竹村平助、濱田さんが平助の妻・和子、近藤さんがジャズ喫茶の支配人兼バーテンダーの木暮洋輔、笑福亭さんが映画館の館主・西山太を演じる。オダギリさん、早乙女さん、笑瓶さんは、初の朝ドラとなる。

 深津さんのコメントも公開され、「この作品でしか出会えないような、めちゃくちゃすてきなキャストの皆さんと昭和30年代の大阪を一緒に生き抜いていくことができるなんて。楽しみで、楽しみで、楽しみで。待ちきれません。大変な時代の中育ててくれた母のこと、ずっと見守ってくれた岡山のみんなの思いを胸に藤本(有紀)さんの素晴らしい脚本をきちんとお届けできるよう、一生懸命務めさせていただきます」と語っている。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る