笑福亭笑瓶:「カムカムエヴリバディ」で初の朝ドラ 「短いセリフでもかむかも」

2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する笑福亭笑瓶さん
1 / 1
2021年度後期のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に出演する笑福亭笑瓶さん

 落語家でタレントの笑福亭笑瓶さんが、女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演で、2021年度後期に放送されるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」に出演することが7月15日、分かった。笑瓶さんは初の朝ドラで「連続テレビ小説に呼んでいただいてありがとうございます。短いセリフでもかむかも。かんだらごめん。久々のドラマなので、迷惑をかけないようにしたいと思います」と意気込んでいる。

 笑瓶さんが演じるのは、映画館館主の西山太。大阪・道頓堀にある「竹村クリーニング店」の近所にある映画館の館主で、町内会長。戦後日本の最大の娯楽は映画だった。クリーニング店店主の平助(村田雄浩さん)とともに時代劇談義に花を咲かせる西山だが、東京オリンピックが近づく中で、テレビがますます普及。映画館の客入りが減り、西山の小言も増えてくる……という役どころ。深津さん演じる“2代目ヒロイン”るいをとりまく人物として大阪編に登場する。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る