おかえりモネ:東京編キャラ紹介「沢渡公平」 腕はいい? 玉置玲央が気象庁担当の社会部記者に

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で玉置玲央さん演じる沢渡公平 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で玉置玲央さん演じる沢渡公平 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第10週「気象予報は誰のため?」(7月19~23日)から東京編がスタートする。ヒロイン・永浦百音(清原さん)が「東京で出会う人びと」として、新しいキャラクターが続々と登場。ここでは、玉置玲央さん演じる沢渡公平を紹介する。

 ◇少々やさぐれた風体でいい加減そうに見えるが…

 沢渡公平は、テレビ局社会部の記者。気象庁担当であるため、気象班をちょくちょく訪れては情報交換をしてゆく。

 少々やさぐれた風体でいい加減そうに見えるが、記者としての腕はいい……という役どころとなっている。

 ◇第10週「気象予報は誰のため?」あらすじ

 気象予報士の資格を取った百音(清原さん)は、晴れて上京する。気象情報会社の面接を前に、百音が下見で会社を訪れると、突然、気象予報士の野坂(森田望智さん)にテレビ局へと連れていかれる。そこで待ち構えていた朝岡(西島さん)は、夜のニュースの気象コーナーを野坂や若手予報士の莉子(今田美桜さん)に任せていなくなってしまう。

 急きょ気象コーナーを手伝うことになった百音は、戸惑いながらも報道気象の世界に飛び込んでいく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る