青天を衝け:“プリンス・トクガワ”昭武が髷を落とし… 板垣李光人「美少年すぎる」洋装に注目

NHK大河ドラマ「青天を衝け」第23回の場面カット 髷を落とし、洋服を着た昭武(板垣李光人さん) (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「青天を衝け」第23回の場面カット 髷を落とし、洋服を着た昭武(板垣李光人さん) (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)第23回「篤太夫と最後の将軍」が7月18日に放送される。同回では、パリにとどまる昭武(板垣李光人さん)らが、家庭教師のヴィレットの教えに従い、髷(まげ)を落とし、刀も外し、洋服を着ることになる。

 “プリンス・トクガワ”こと昭武役の板垣さんは、特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」のウール役や、実写映画「約束のネバーランド」のノーマン役などで話題となった期待の若手俳優の一人。「美少年すぎる」洋装にも注目だ。

 また同回では、将軍・慶喜(草なぎ剛さん)が政権を朝廷に返上する「大政奉還」が描かれるといい、予告編には「孤独な将軍の決断」「慶喜が政権を返上する」といった文字も映し出されている。

 「青天を衝け」は、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が主人公で、連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」(2005年度後期)、「あさが来た」(2015年度後期)などの大森美香さんが脚本を担当。「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る