恒松祐里:朝ドラ“すーちゃん”がケンカ上等最強女子に ドラマ「JAM」に出演 鉄パイプ振り回す姿も

ドラマ「JAM -the drama-」に出演する恒松祐里さん(C)JAM -the project-
1 / 5
ドラマ「JAM -the drama-」に出演する恒松祐里さん(C)JAM -the project-

 NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で“すーちゃん”こと野村明日美役を演じている恒松祐里さんが、「劇団EXILE」主演の連続ドラマ「JAM -the drama-」に出演することが7月30日、分かった。青柳翔さん扮(ふん)する演歌歌手・横山田ヒロシの妹で、ケンカ上等最強女子の大石ラリアを演じる。

 ラリアは旅行代理店に務めているが、実はケンカに強く、ひょんなことから舞台へ出演する、という役どころ。併せて公開された特報映像には、ラリアが鉄パイプを振り回す姿も収められている。

 恒松さんは、自身の役柄について「ラリアはとても自由人で、ビビッときたものに飛び込むタイプの女の子」と話し、「そんなラリアに導かれながら、今まで見たことのない景色をたくさん見させてもらった撮影でした」とコメント。「アクションあり、コメディーあり、恋愛、演劇あり! の本作にきっと皆さんも見たことのない世界に出会える作品だと思います! ぜひご覧ください!」とアピールしている。

 ドラマは、「劇団EXILE」が総出演した映画「jam」(SABU監督)の続編。落ち目のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシは、元付き人の港町タカシ(SWAYさん)と師弟ユニットとして活動することに。それを企てたのは、芸能事務所社長の西野タケル(町田啓太さん)だった。一方、寡黙な青年・川崎テツオ(鈴木伸之さん)は、ある女性と出会い、生まれて初めて恋を知る……というストーリー。全8話で、8月26日配信スタート。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る