彼女はキレイだった:“樋口”赤楚衛二「今からすること許せ」 “愛”小芝風花への強引ハグ「めちゃくちゃドキッ」

連続ドラマ「彼女はキレイだった」第7話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「彼女はキレイだった」第7話のワンシーン=カンテレ提供

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんと女優の小芝風花さんダブル主演の連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)第7話が8月24日に放送された。佐藤愛(小芝さん)に思いを寄せる樋口拓也(赤楚衛二さん)が、「今からすること許せ」と言って愛を抱き締めるシーンが登場。普段の明るい雰囲気とは異なる強引で男らしい姿に、視聴者は「めちゃくちゃドキッとした」「最高にかっこよかった」「強引な樋口くんも好き……」と胸キュンだった。

 第7話では、宗介のことを好きな愛に、樋口は「いつも思ってたからさ。何かの間違いでこっち向いてくんないかなって」と思いを吐露。愛に三つのお願いを聞いてもらう約束をしている樋口は、その場で「三つ目のお願い聞いて。今からすること許せ」と愛を抱き締める。

 「俺にもチャンスくれないか?」と樋口が尋ねる中、愛の元には宗介から着信が。愛が宗介のところに行ってしまうと感じた樋口は「行くな」と止めるが、愛は「ごめんなさい」と樋口を振り切り宗介の元へ向かう……という展開だった。

 SNSでは、愛に思いを伝えるも振り向いてもらえない樋口に「切なすぎる」という声が続出。「樋口くんいい当て馬すぎてつらい」「名脇役街道を突っ走っててしんどい」「幸せになってもらわなきゃ困る」といった声も上がっていた。

 本作は、韓国の同名ヒットドラマが原作。さえない太っちょ少年から「イケメン毒舌エリート男子」になった長谷部宗介(中島さん)と、優等生の美少女から「残念女子」になった愛という、真逆の成長を遂げた2人の初恋すれ違いラブストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る