緊急取調室 シーズン4:「もつなべ」から「なべやま」コンビに 視聴者「ハラハラする」「違和感しかない笑」

連続ドラマ「緊急取調室 シーズン4」第7話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 2
連続ドラマ「緊急取調室 シーズン4」第7話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)シーズン4の第7話が9月2日に放送され、警視庁捜査1課殺人捜査第一係に異動してきた山上善春(工藤阿須加さん)と、渡辺鉄次(速水もこみちさん)の新コンビ「なべやまコンビ」に視聴者の注目が集まった。

 もともと、警視庁捜査1課殺人捜査第一係のコンビといえば、真壁有希子(天海さん)ら警視庁捜査1課「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の力となってきた「もつ」こと監物大二郎(鈴木浩介さん)と「なべ」こと渡辺の「もつなべコンビ」だった。それが、第6話で、渡辺のミスが原因で起きた事件の責任を取る形で、監物が捜査1課を去ったためコンビは解消。新たに、今シーズンの第1、2話に登場した警乗警察官・山上が捜査1課に異動し、渡辺とペア組むこととなり、「なべやまコンビ」が誕生した。

 SNSでは、「なべやまコンビはうまくいくんだろうか、ハラハラする」「違和感しかない(笑い)」「もう完全になべやまコンビなのがつらいよ受け入れがたいよー」などの声が上がっていた。

 キントリの元刑事“善さん”こと中田善次郎(大杉漣さん)の息子だが、有希子に屈折した思いを持ち、何やら思惑を持って異動してきた善春の動向にも注目が集まりそうだ。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る