おかえりモネ:気象予報士・山神明理さん、“モネ”清原果耶の優しさに触れ「菅波先生になりたい」

NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」第87回に登場した気象予報士の山神明理さん (C)NHK
1 / 1
NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」第87回に登場した気象予報士の山神明理さん (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第87回が9月14日に放送され、気象予報士の山神明理さんが出演。今作が初のドラマとなった山神さんは、「本番はたった数行のせりふを話すのに必死で天気予報の何百倍も緊張しました」といい、「合間の時間、ヒロイン清原さんに『長いせりふをスラスラと本当にすごいですね』と話しかけさせていただいたところ『短いせりふの方が難しいですよね』とのこと。数行のせりふにガチガチになっている私を気遣ってくれたのでしょう。優しさがモネそのものでした。菅波先生になりたいと思いました」と振り返った。

 朝ドラ出演については「とんでもないことが起こりました! まさか私が朝ドラ『おかえりモネ』に出演させていただけるなんて。朝ドラが大好きな両親は『いつ放送なん? 知り合い皆に言わんと~』と大喜びでした。仏壇に手を合わせて、朝ドラが大好きだった天国の祖母に報告したそうです。どこかで聞いた話です」とコメント。「最後になりましたが、朝ドラ制作の皆様、このような素晴らしい機会を下さり本当にありがとうございました。そして視聴者の皆様、私も今後の展開を知りません。最後まで一緒に楽しみましょう!」と語った。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る