沢口靖子:「科捜研の女」シーズン21は10月14日から 内藤剛志対渡辺いっけい再びで「3ショットが見られます」

映画「科捜研の女 -劇場版-」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した沢口靖子さん
1 / 14
映画「科捜研の女 -劇場版-」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した沢口靖子さん

 女優の沢口靖子さんが9月16日、東京都内で行われた人気ドラマシリーズ「科捜研の女」(テレビ朝日系)の映画「科捜研の女 -劇場版-」の大ヒット御礼舞台あいさつに、俳優の内藤剛志さん、兼崎涼介監督らと登場した。ドラマのシーズン21の初回放送日が10月14日に決まったことが発表。見どころを聞かれた沢口さんは、「第1話では元夫役の(渡辺)いっけいさんが登場してくださいます。劇場版に続いて(内藤さん演じる)土門さんと(渡辺さん演じる)元夫、3ショットが見られます」とアピールしていた。

 内藤さんも「憎き渡辺いっけいがまた出てきます。愛とか恋とかもあるけど、そうじゃない役割を背負って出てきます。僕との間でどうなるかはお楽しみです」と話し、土門として「どっちが好きなの?」とマリコ役の沢口さんに質問。すると沢口さんは、「マリコが最終的にどちらを選択するのか。楽しみにしていてください」と笑顔で答え、内藤さんの追求をかわしていた。

 また沢口さんは、「私の周りの方も劇場版を見て、さらにテレビシリーズが見たくなったというお声をいただいておりまして。またマリコとして活躍することを、とてもうれしく思っています」と喜び、「劇場版に登場したキャラクターが(シーズン21に)登場予定ですので、ぜひ劇場版をご覧になってからテレビシリーズをご覧になっていただきたい」と呼びかけていた。この日は主題歌「声」を歌う歌手の遥海さんも出席した。

 「科捜研の女」は、京都府警科学捜査研究所、通称「科捜研」の法医研究員・榊マリコが、法医学、化学、文書鑑定などの専門技術を駆使して、現場に残された遺留品から研究所の仲間たちと事件の真相に迫る姿を描く人気ミステリードラマシリーズ。映画では、科捜研が現代最新科学では絶対に解き明かせないトリックを操る“シリーズ史上最強の敵”に立ち向かう。

写真を見る全 14 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る