明日のおかえりモネ:第18週「伝えたい守りたい」振り返り 大型台風が日本列島に 対応に追われる百音たち

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第18週の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第18週の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)。9月18日は第18週「伝えたい守りたい」(9月13~17日)を振り返る。

 「おかえりモネ」の毎週土曜は、同週のドラマの“振り返り”回。ドラマの舞台となる宮城県出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」がナビゲートを担当し、視聴者と一緒に優しい目線でドラマとヒロインを見守っていく。

 第18週では、2019年、百音(清原さん)は24歳に。サポートを続けていた車いすマラソン選手の鮫島(菅原小春さん)が、ついに国際大会の代表の座を手にする。新しいビジネスに精力的な朝岡(西島秀俊さん)は、今度は一般の人から天気の情報を集めるアプリの運用を始めていた。百音は、故郷・気仙沼への思いも手伝って、社長の安西(井上順さん)に地域密着型の気象サービスの新事業を提案する。そんな中、大型の台風が日本列島に迫る。

 台風の影響で長野の河川が氾濫する恐れがあると判断した朝岡。運営するサイトにも、視聴者から次々と情報が送られてくる。そこで、朝岡は百音と共にインターネットを使って、情報を配信し始める。台風が去り、百音と朝岡が安堵(あんど)したのもつかの間、今度は、別の不穏な投稿が……という展開だった。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る