相席食堂:「青田買いSP」後半戦 ロケスター候補「総料理長」「セクシー」「ラッパー」が大暴れ

9月21日放送の「相席食堂」の一場面=ABC提供
1 / 3
9月21日放送の「相席食堂」の一場面=ABC提供

 お笑いコンビ「千鳥」がMCを務めるバラエティー番組「相席食堂」(ABC、火曜午後11時17分)。9月21日は、年に一度のお祭り企画「ロケスター発掘! 青田買いSP2021」の後半戦を放送。「セクシー」「ラッパー」「総料理長」のキーワードを持つロケスター候補3人が登場する。

 「総料理長」は、今から30年ほど前、コミカルなキャラで人気者になった香港出身の“炎の料理人”。現在は宇都宮市のホテルにある中国料理店の総料理長を務めている。北海道旭川市の“日本最北端の銀座”といわれる旭川銀座商店街で、地元のB級グルメを紹介。旭川ラーメンの焦がしラードに感激した総料理長が、店主にサプライズする。

 「セクシー」のキーワードの男性は、神奈川県三浦半島にある三崎銀座通り商店街を歩き、鮮魚店や老舗の和菓子屋さんなどに立ち寄る。“マグロの町”として知られる三崎で、伝説の料理人と相席し、マグロの魅力を紹介する。

 「ラッパー」が訪れたのは堺市にある堺銀座商店街。冒頭からフリースタイルのラップであいさつするのは、名古屋を拠点に活動する人気ラッパーだ。ラップブームの火付け役ともいわれる番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)では2代目、3代目モンスターとして君臨した。そんな彼がR-指定さんの地元で“ラップ相席”を行う。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る