おかえりモネ:俺たちの菅波、なんて粋なことを… “サプライズ”は宮田さんの音楽「やればできる子!」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第94回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第94回の一場面 (C)NHK

  清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第94回が9月23日に放送され、菅波(坂口健太郎さん)が百音(清原さん)のために用意したサプライズが「粋」だと話題になった。

 第94回では、百音が汐見湯に戻ってくる。百音の帰りを待っていた菅波は、かつての患者で、元ホルン奏者の宮田(石井正則さん)を紹介。宮田は手術の影響で演奏をやめていたが、少し前からある程度、ホルンを吹けるようになっていたことを明かす。菅波はそんな宮田に対して、百音の前で演奏を披露してもらえないかと相談していた……という展開だった。

 菅波の思わぬサプライズに対して、SNSでは「なんて粋なことを」「サプライズなんかしちゃうすてき男子に成長してる」「菅波先生とサプライズという言葉、あまりにも親和性がない」「あの菅波が!」「やればできる子、菅波」「柄じゃないはずなのに……ギャップ萌え」「いつもモネに何が必要か一生懸命考えてるんだなぁ」と感動の声が上がった。

 百音は学生時代に吹奏楽部に所属していたが、震災後は音楽から遠ざかっていた。百音が再び音楽に関わることを期待する声も多く、「宮田さんとの出会いが、百音に音楽も取り戻させてくれるのかな」「音楽も百音には大事な要素だったからねえ~これがどう作用するのか…」「百音がサックスのケースを開ける日はいつなんだろう」といった感想も書き込まれた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る