ボイス2最終回:“樋口”唐沢寿明、“久遠”安藤政信と最後の戦い 悪夢の幕開け

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」最終回の場面写真=日本テレビ提供
1 / 9
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」最終回の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終回が9月25日に放送される。港東署に出頭した久遠(安藤政信さん)の取り調べにあたる樋口(唐沢さん)とひかり(真木よう子さん)。久遠は、自分にとって樋口こそが真の父親だといい、樋口に執着し、執ように絶望に突き落とそうとした理由を語る。その言葉に怒りを爆発させる樋口だが、取り調べ半ばで久遠の身柄は本部に移される。

 一方、緊急指令室「ECU」では、自殺した本部長・小野田(大河内浩さん)が生前に久遠と交わした電話の内容が、インターネット上に公開されていることが判明。県警トップが久遠に協力していたことで、世間では警察に対する激しいバッシングが起こる。そんな中、緒方(田村健太郎さん)から連絡が入り、片桐(中川大輔さん)のパソコンデータから、久遠たちが爆弾の材料を大量に購入していたことがわかったという。

 同じ頃、久遠の連行中に片桐が現れる。久遠に心酔する片桐は、久遠の逃亡を助けようとしていた。そして、樋口とひかりが駆けつけた時、すでに久遠の姿は消えていた。最後の悪夢が幕を開ける……という展開。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る