唐沢寿明:「ボイス2は過去になかった作品」 クランクアップインタビュー公開

連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」で主演を務める唐沢寿明さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」で主演を務める唐沢寿明さん=日本テレビ提供

 9月25日に最終回が放送される連続ドラマ「ボイスII 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系、土曜午後10時)。このたび、クランクアップを迎えた主演の唐沢寿明さんのインタビューが公開され、現在の心境などを明かした。

 ドラマは2019年7月期に放送された「ボイス 110緊急指令室」の続編。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とする緊急指令室「ECU」捜査官たちの活躍を描く。

 ◇唐沢寿明さんのコメント

 --クランクアップを迎えた気持ちは?

 終わったな……と。うれしいね。少し休めるかな(笑い)。

 --「ボイス2」が、前作「ボイス」と違ったところは?

 オリジナルの部分が多かったから、自由度が大きい分、難しいこともあるのですが、試行錯誤しながら作っていきました。

 --印象的だったのは?

 安藤政信さんですね。素晴らしい俳優さんだなと思いました。普段からとても不思議な雰囲気があって、すごく魅力的でチャーミングな男だなと思いましたね。

 --心に残ったシーンは?

 今回は透(増田貴久さん)が大変なことになったので、その一連のシーン展開は印象に残りました。本人も意気込みが違いました。本気なのだと感じました。現場で見ていても分かりましたし、画面にも出ていると思います。彼のある種の“覚悟”のようなものさえ見えました。

 --共演の真木よう子さんについて。

 彼女は進化していました。努力しているのだと思います。(努力を)やっている人とやっていない人とでは分かりますから。前回と同じでは嫌だという気持ちもあったのではないでしょうか。

 --「ボイス」「ボイス2」唐沢さんにとってどんなドラマですか?

 この仕事をお受けして、なるべくいい作品になるようにと自分なりに頑張ってきたつもりではありますが、それは視聴者の方が最終的に判断することですから、それが伝わればいいなと思ってやってきました。自分の信念でもありますしね。でも、こんな突拍子もない話を、不自然じゃないように見せるって大変ですよ(笑い)。自分にとってこういう作品は、過去になかったですから。最後まで見ていただいた方々に楽しんでいただければいいなと思います。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る