明日のおかえりモネ:9月27日 第96回 百音の引っ越し前夜 明日美は「地元に帰らない」と断言しつつ…

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第96回の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第96回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第20週「気象予報士に何ができる?」を放送。9月27日の第96回では……。

 百音(清原さん)の企画は新事業としては通らなかったが、地方営業所扱いで社員のまま気仙沼へ戻ることとなった。莉子(今田美桜さん)、内田(清水尋也さん)、野坂(森田望智さん)らと互いの健闘を祈り、会社を後にする百音。引っ越しの前夜は、明日美(恒松祐里さん)と飲み明かすことに。明日美は、自分は地元に帰らないことを断言しつつも、百音が帰りたいと思えるようになったことは本当に良かったと心から喜んでくれたのだった。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る