濱田祐太郎:R-1王者の盲目の漫談家 初テレビレギュラー 「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」で解説担当

連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に出演する濱田祐太郎さん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」に出演する濱田祐太郎さん=日本テレビ提供

 ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2018」で優勝した盲目の漫談家・濱田祐太郎さんが、杉咲花さん主演で10月6日にスタートする連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖(はくじょう)ガール~」(日本テレビ系、水曜午後10時)に出演することが9月27日、分かった。ドラマ内の解説コーナーで案内人役を務め、視覚障害に関する豆知識を自らの体験談も交えて紹介する。

 濱田さんは「案内人はドラマの途中に現れる謎の役割ですが、僕自身も芸人になって初めてのテレビのレギュラーが全国放送のこのドラマという謎の芸人人生なのでぴったりだと思っています」とコメント。

 「主演の杉咲さんは見ている人が思わず笑顔になっちゃうようなすてきな方だと聞いたので、僕も見ている人が笑顔になるように頑張ります」と意気込みを語っている。

 また、森雅弘プロデューサーは「制作にあたり、視覚障害について伝える難しさに悩んでいましたが、濱田祐太郎さんという最適なナビゲーターにご出演いただけることになりました。濱田さんが語る視覚障害のイロイロも、このドラマならではのシーンの一つになればうれしいです」と話している。

 ドラマは、うおやまさんのマンガ「ヤンキー君と白杖ガール」(KADOKAWA)が原作。勝ち気だけど恋に臆病な盲学校生・赤座ユキコ(杉咲さん)と、ケンカっ早いが根は純粋なヤンキー・黒川森生(もりお、杉野遥亮さん)が繰り広げるラブコメディー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る