おかえりモネ:「百音は媒介となる存在」 未知はりょーちんとの“関係”に葛藤 制作統括が第21週語る 

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第21週の一場面 (C)NHK
1 / 6
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第21週の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、10月4日から第21週「胸に秘めた思い」に入る。同週でクローズアップされるのは「永浦家の人々」で、制作統括の吉永証さんは、「永浦家の人々は、百音によって変化していきます。(脚本の)安達奈緒子さんとよく話した『百音がいることで周囲が変わる。百音は媒介となる存在』ということです」と今後の展開についてコメントを寄せた。

 第21週では、亜哉子(鈴木京香さん)は、民宿を再開したいと考える。それを龍己(藤竜也さん)は応援する。一方、未知(蒔田彩珠さん)は東京の大学で本格的に研究をしないかという誘いを受けていたが、今の仕事や将来のことなどに思い悩み断り続ける。そんなある日、百音(清原さん)の職場のコミュニティーFMに、中学3年生のあかり(伊東蒼さん)が現れる。授業時間にもかかわらず帰ろうとしないあかり。実は、あかりは亜哉子の元教え子だった……。

 吉永さんは、「安達さんが書かれる脚本は、重層的です。複数の登場人物の物語が並行して進み、いつの間にかそれらが重なり合って、響き合っていきます。第21週は、そうした安達さんらしさがあふれた週です。百音が5年半ぶりに帰ってきた永浦家。家族は、それぞれに悩みや葛藤があります。未知で言えば、親しくはなったものの距離を感じる亮との関係や、カキ養殖の仕事についての葛藤です」と説明。

 「百音は、頼りにする人からのアドバイスで、ある行動をとります。耕治、亜哉子、龍己、未知、ふと現れた中学生の女の子、そして百音自身が前に進もうとする姿を描く、第21週にご期待ください」とアピールした。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る