窪田正孝:月9主演は役者として「大きかった」 今後は“深み”目指し「インプットも大事に」

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」の会見に参加した窪田正孝さん(C)フジテレビ
1 / 4
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」の会見に参加した窪田正孝さん(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さんが10月4日、主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)の会見に登場した。本作は2019年4月期に同枠で放送されたドラマの続編。窪田さんは「続投できていることは役者としてありがたい」と話し、「伝統ある月曜9時に主役をやらせてもらえたのはすごく大きかった」と前シリーズを振り返った。

 具体的には「ドラマのやりがいと難しさを同時に感じた。どうしてもできないことがある中で、できることの中から何を見つけていくか。その答えをみんなで見つけていくことにはやりがいを感じていました。一方で、違うところが成立しなくなってしまう難しさもあって」と説明。「そういったバランスを一番考えなきゃいけない立場でもあったので、経験を積ませてくれた作品だなと思っています」と明かした。

 また、「この2年ほどで自分の中で大切なものの順番が変わったり、いろいろな変化があった」と告白。「もちろん仕事を続けていることも幸せだけど、プライベートを充実させたり、もっと自分のやりたいことをしたいとか。ずっとモノ作りをしているとアウトプットだけになるので、これからはインプットする時間も作って、深みのある俳優になりたい。演劇をやってみたい思いもあるので」と話し、「そういう一個の節目というか分岐点を与えてくれた作品でもあるなと感じています」と感謝を口にした。

 「ラジエーションハウスII」は、「甘春総合病院」の放射線科「ラジエーションハウス」を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師らの活躍を描く。窪田さんは主人公の放射線技師・五十嵐唯織を演じる。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る