おかえりモネ:2日連続のサンドウィッチマン りょーちんに「頑張ってな」、モネと「こんにちは」

連続テレビ小説「おかえりモネ」に登場したサンドウィッチマン (C)NHK
1 / 1
連続テレビ小説「おかえりモネ」に登場したサンドウィッチマン (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第107回が10月12日に放送され、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富澤たけしさんが前日の第106回に続き、2日連続で登場した。サンドウィッチマンの2人は、気仙沼の漁師役で、伊達さんが自然な演技で亮(永瀬廉さん)に「頑張ってな」、百音(清原さん)には「こんにちは」と声を掛けるシーンもあった。

 第107回では、百音は、滋郎(菅原大吉さん)に海上気象の解析や詳細情報などの提供をできないかと提案するが、全く相手にされない。さらに、市役所に提案していた「けあらしツアー」も断られ、揚げ句の果てには、三生(前田航基さん)からも意見される。落ち込んだ百音はサヤカ(夏木マリさん)に電話をする。

 そんなある日、農家の女性(小野寺ずるさん)が、畑の野菜の生育と天気の関係について、相談にやってくる……という展開だった。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る