おかえりモネ:俺たちの菅波「自分で選んだんでしょう」 “2文”の激励で百音動かす!「一番の特効薬」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第108回の一場面 (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第108回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第108回が10月13日に放送され、菅波(坂口健太郎さん)と百音(清原さん)がメッセージのやり取りをする姿が描かれた。

 第108回では、百音は菅波からの電話に出られなかったことをメッセージで謝罪。続けて百音は、地元で働く中で感じた無力感を告白する。思い悩む百音に対して、菅波は「自分で選んだんでしょう」「それとも東京に戻りますか?」という2文だけ送信。百音は意志を固め、「私はここにいます」と伝える……という展開だった。

 菅波が送ったメッセージに対して、SNSでは「菅波先生らしくていいね」「短いメッセージは、厳しいけど何よりの激励の言葉だった」「簡潔な一言で最大限の包容力を発揮してしまう菅波先生」「やっぱり、百音ちゃんのハートつかんでる」「大切に思っているのが伝わってきて泣きそうになった」「一番の特効薬」と盛り上がりを見せた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る