真犯人フラグ:西島秀俊のカバンが一時消えた!? バー到着後は手ぶら…「どこいった?」

ドラマ「真犯人フラグ」第1話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「真犯人フラグ」第1話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第1話が10月10日に放送され、主人公・相良凌介(西島さん)のカバンが話題になった。

 第1話では、凌介が帰宅すると、妻と2人の子供がいなくなっていた。凌介は映画にでも行ったのかと思う。ふと、大学時代の友人の河村(田中哲司さん)の誘いを、凌介は思い出す。サークル仲間だった日野(迫田孝也さん)がバーを開店したので、仲間で祝うことになっていたのだ。凌介は、そそくさと自宅のダイニングを飛び出し、友人のバーへ向かう……という展開だった。

 同話には、凌介が床に置いていたカバンを拾い上げてダイニングを出たように見えるシーンが登場。だが、バー到着時にはカバンはなくなっており、SNSでは「え、冷静に、友人の店行く前のカバンどこいった?」「カバン持って行ったよね? でも、お店に着いた時は手ぶら…カバンどこ??」「会社のカバンは? 持って出たよね?」と不思議に思う声が続々上がった。

 一方、カバンを持ったとはいえ、「『床に置きっぱなしのカバンを部屋に戻すために拾いあげた』だけ」と見る向きもある。ちなみに後日のシーンでは、凌介がちゃんとカバンを持って出勤する姿が描かれている。

 本作は、2019年放送のドラマ「あなたの番です」(同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公の闘いを描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る