磯村勇斗:「アバランチ」第1話にサプライズ出演 綾野剛&藤井道人監督と再タッグ「プレッシャー」

連続ドラマ「アバランチ」で共演した綾野剛さん(右)と磯村勇斗さん=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「アバランチ」で共演した綾野剛さん(右)と磯村勇斗さん=カンテレ提供

 俳優の磯村勇斗さんが、10月18日に放送された綾野剛さん主演の連続ドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第1話にサプライズゲストとして出演。告知なしの出演で視聴者を驚かせた。

 ドラマは、令和の日本を舞台に、謎に包まれた集団「アバランチ」の過激で痛快な活躍を描くピカレスク・ロマン。綾野さんをはじめ、木村佳乃さん、福士蒼汰さん、千葉雄大さん、高橋メアリージュンさん、田中要次さんがアバランチのメンバーを演じる。映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人監督がチーフ監督として参加する。

 磯村さんが演じたのは、経済界の重鎮・六車泰次郎(板尾創路さん)の息子・六車和也。大規模都市開発プロジェクトのリーダー・風間道明(安井順平さん)の失踪事件に深く関わる人物として、主人公・羽生(綾野さん)らアバランチは和也に接触を図った。

 磯村さんが、綾野さんと共演するのは、藤井さんが監督を務めた綾野さんの主演映画「ヤクザと家族 The Family」以来。“藤井組”の撮影を振り返り「信頼、尊敬している(綾野さんと藤井監督の)お二人がタッグを組んで創る作品にまた参加させていただけるのはうれしかったですが、現場を共にしていたからこそ、逆にプレッシャーを感じました」とコメント。

 「いわばホームのような現場なので、クランクインの時はお二人と再会を喜び合いました。知っているスタッフさんも多かったので、安心して現場に臨めました。何一つ妥協せずワンシーン毎に丁寧に創っている空間は、映画を撮っているような感覚でした。愛情を持って作品に集中できたのも、綾野さんの立ち振る舞いと、藤井監督の熱意とこだわりがあったからです」と語っている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る