アバランチ:綾野剛主演“月10”第1作 初回視聴率10.3%で2桁発進

連続ドラマ「アバランチ」主演の綾野剛さん
1 / 1
連続ドラマ「アバランチ」主演の綾野剛さん

 俳優の綾野剛さん主演の連続ドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)第1話が10月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。新ドラマ枠“月10”第1作が、2桁発進した。

 ドラマは、令和の日本を舞台に、謎に包まれた集団「アバランチ」の過激で痛快な活躍を描くピカレスク・ロマン。綾野さんをはじめ、木村佳乃さん、福士蒼汰さん、千葉雄大さん、高橋メアリージュンさん、田中要次さんがアバランチのメンバーを演じる。映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人監督がチーフ監督として参加する。

 第1話では、「東京の新たな大規模都市開発プロジェクトのリーダーが謎の失踪」……そんなニュースが報じられる中、警視庁捜査1課から左遷された西城(福士さん)は、誰も寄り付かない地下室に設けられた新たな配属先を訪れる。「特別犯罪対策企画室」と記された扉の先にいたのは、室長・山守美智代(木村さん)ただ一人。何をするのか状況がのみ込めない西城は山守に命じられるまま、雑居ビルまで山守を車で送り届ける。

 待機中、興味本位でビルのエントランスまで出てきた西城は、郵便ボックスに記された見慣れないマークを見つけると、羽生から声をかけられる。初対面のはずなのに西城の素性や経歴を知り尽くしていた羽生は、薄気味悪さを感じる西城を尻目にビルの階段を上っていった。その後、ビルの一室に集結した山守、羽生、牧原(千葉さん)、明石(高橋さん)、打本(田中さん)の5人。モニターには、例の失踪事件のニュースが映し出される……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る