注目ドラマ紹介:「凛子さんはシてみたい」 高田夏帆がラブシーン初挑戦、戸塚祥太とW主演 今夜スタート

連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第1話の場面写真(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS
1 / 4
連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」第1話の場面写真(C)「凛子さんはシてみたい」製作委員会・MBS

 女優の高田夏帆さんと、人気グループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太さんがダブル主演を務める連続ドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS・TBS)が、10月19日深夜にスタートする。容姿端麗で仕事も完璧ながら、異性との“経験”がないというコンプレックスを抱く男女の不器用な初恋を描く。高田さんはラブシーンに初挑戦する。

 ドラマは、 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で、累計1100万ダウンロードを突破している藤田みおさんの同名マンガが原作のラブストーリー。

 高田さんは、容姿端麗だが、男性経験がない27歳の雨樹凛子(あまき・りんこ)、戸塚さんは、女性からの人気も高く、仕事の評価も高いが、凛子と同じく異性との経験がない27歳の上坂弦(かみさか・げん)を演じる。

 また、弦と小中高の同級生でバー店長の久地直役で飯島寛騎さん、凛子の幼なじみの木場園子役で人気YouTuber「ヴァンゆん」のゆんさん、凛子と弦が働く結婚式場で映像クリエイターをしている映像作家の緋山余一役に猪塚健太さんらが出演。

 27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た、誰もが認める“いい女”・雨樹凛子。完璧に見える彼女だが、密かにコンプレックスを抱えていた。それは27歳にして経験がないということ。ひそかに気になっている緋山余一にはバレたくないため、親友の木場園子と合コンに明け暮れている。

 ある日、偶然入ったバーで、同期の上坂弦に会う。ウエディングアドバイザーとして契約数1位を誇る上坂は、容姿端麗で女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。しかし、小中高校が同級生だというバーテンダーの久地直によって、上坂も経験がないことが明らかに。ピンときた凛子は、上坂をホテルに誘い……と展開する。

 MBSで毎週火曜深夜0時59分、TBSで毎週火曜深夜0時58分に放送。初回のみMBSは深夜1時14分、TBSは深夜1時43分スタート。 

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る